本文へスキップ

 ごあいさつ 

 
  

 本市は、豊かな自然に恵まれ熊野古道や日本最古の神社といわれる花窟(はなのいわや)神社をはじめ、多くの歴史的・文化的資産を有しており、「文化と歴史のまち」としての認知度は年々高くなっております。
 このような本市で生活している子どもたちが、郷土のすばらしさを認識し、大人になった時に地域を支える人材となってもらうことができるよう、学校教育においては、教育委員会が作成した副読本「私たちの熊野市」や「歴史文化財読本」を活用すると共に、現地で学ぶ学習活動等を支援してまいります。また、ICT環境をより充実させていくと共に、ICTを活用した学習活動の場を日常的のものにしていくための支援や施策についても継続して行ってまいります。
 社会教育においては、スポーツ・レクリエーションを通じた健康づくりや市立図書館、歴史民族資料館、鉱山資料館等の施設を活用した企画展や各種講座の充実のほか、文化財の保護や活用を進める中で、市民の皆様のニーズに応じた多様な学習機会の提供と主体的な活動への支援を継続的に行ってまいります。また、今年度の秋に開催される「三重とこわか国体」「とこわか大会」では、ソフトボール(成年女子)、ラグビーフットボール(成年男子)が当市で開催されるため、万全の態勢で実施できるよう準備を進めてまいります。

 昨年のはじめからコロナウイルス感染症の影響を受け、多くの事が制限される中、「新たな生活様式」に基づいた施策を進めてまいりましたが、今年度も幼児からご高齢の方までの学びの機会や場を保障していくために、コロナウイルス感染防止を行いながら慎重に施策を進めてまいります。

 
                        令和 3年 4月 1日

 
 

熊野市教育委員会

〒519-4392
三重県熊野市井戸町796

TEL 0597-89-4111